お茶の選び方

どのような場面で使いますか?

どのような場面で使うのか、どんな場所で、どんな時に??

お答えします、提案します。
店舗に来店の際には試飲もして下さい。

お茶の種類も価格もたくさんあります。
迷われると思いますので、聞いて下さい。

私たちはお茶のプロです。お任せ下さい!!

家庭用

オススメは…特上煎茶

普段使いの家庭用なら特上煎茶をお勧めしています。
(100g入-648円・700円・800円)

深蒸し 特上煎茶 100g入-648円

特上煎茶 八重 100g入-864円

煎茶とは古くから親しまれてきた一般的な日本茶で、さわやかな香り・旨味のほかに渋みもあり、産地・品種により色々な特色があります。

甘みのある…特上煎茶白折

1人でしか飲まない、
2回3回で茶の葉を換える等の場合なら特上煎茶白折もお勧め。
特上煎茶白折 100g入り-540円

白折とは茎の部分で、茎茶・雁ヶ音とも呼びます。
茶葉は特上煎茶と同じですが、茎が入っているために長くは出ません。
だから白折は安く値段を下げています。
安く美味しいお茶が飲む事が出来ます!!

贈答等

贈答用には特上煎茶・八重100g詰-800円をお勧めします

日本茶の代表的な品種ヤブキタと、
甘みのある品種サエミドリをブレンドして作っています。
甘味、旨み、渋味がバランスよく味わえる作り方をしています。

いつまでもお茶の良い後味が口の中に残り続けます。
当店1番人気の品で、1番のお勧め商品です。

煎茶の最上級のお茶は極上煎茶100g詰-1080円です。
また玉露は100g詰-1080円、1296円、1620円、2160円とあります。

 


 

綺麗にピシャッと包装します

毎日毎日包装をしています。
綺麗にピシャッと包装します!!

ビリビリに破られる・・かも知れません。
それでもピシャッと包装します。

 

 

職場用

熱湯でも大丈夫なお茶あります

職場で大量に使う場合なら煎茶200g詰-648円や、
玄米茶200g詰-432円のがお勧めです。

このランクのお茶は2、3煎目ぐらいになると段々と渋くなってきますが、
それでも大量に使われる場合などは良いと思います。

玄米茶の場合は熱湯を淹れることにより、
玄米の香ばしさが引き立ちます。

職場・施設等で使うのにお勧めです。

最近はデイサービス施設等で、煎茶粉茶300g詰-300円を取り扱われるところも増えてきました。
もちろん一番茶の煎茶粉茶です。

ぐつぐつと沸騰したお湯に、ティーパックに入れた粉茶を入れます。
そしてすぐに水で急速に冷やします。
完全に冷え切ったら粉茶を取り出します。

その後そのお茶をペットボトルや水筒に入れて持ち運んだり、冷蔵庫に常備したり。

簡単で安上がりで、安心安全で、市販のペットボトルなんか飲めません。
手間はかかりますが、安く美味しく飲めます。