うれしの和紅茶の茶葉

サッパリとした飲み口

品種はヤブキタ(佐賀県産嬉野茶)。
日本茶の代表品種です。

うれしの和紅茶は、ヤブキタの二番茶から作られています。
特徴は渋味が少なく、香り高い。
サッパリとした飲み口で後口良いです。

紅茶洋のポットでも良いですが、緑茶と同じように急須に入れて飲んでも良いです。

緑茶と比べて茶葉が軽い。
茶葉の量は、見た目多めに急須に入れて下さい。

適温は90℃
浸出時間2分~3分ほど
蒸らしながら湯温を下げ、ゆっくりと淹れて下さい。

紅茶の香りが部屋中に広がります。

暑い季節にはグラスいっぱいに氷を入れ、そこに和紅茶を注ぎます。
急冷された和紅茶はサッパリとして美味しいです。
ドライレモンと良く合います。

2煎目も飲めますが、最所に2分~3分しっかりと蒸らして入れているので2煎目は味薄くなります。
また渋味も出てきます。

最初の1煎目をゆっくりと淹れて愉しんで下さい。

うれしの和紅茶100g入り-600円(税込み)

商品一覧