白折(しらおれ)の茶葉。

九州では茎茶のことを白折(しらおれ)と呼びます。
地域によっては「茎茶」「雁ヶ音」とも呼ぶそうです。

お茶の製造工程で葉(煎茶・玉露)、茎(白折)、粉(粉茶)の三つに分類されます。
出物なので全体量が少ない貴重な白折(茎茶)。

茶葉のうま味にプラスして茎茶特有の甘味があり、低い温度で淹れることをオススメします。
玉露白折の場合は60℃。
煎茶白折の場合は70℃~80℃。
白折は葉が軽い分、茶葉を少し多めに入れて下さい。

また水出し冷茶用の茶葉としても白折は適しています。
玉露の冷茶、煎茶の冷茶。
フィルターインボトルに約10gの茶葉を入れ、3時間ほどで出来上がります。
是非お試し下さい。

玉露白折・煎茶白折。

八女茶・極上玉露白折100g入り-1200円(税込み価格)

 

八女茶・特上玉露白折100g入り-1000円(税込み価格)

 

八女茶・玉露白折100g入り-700円(税込み価格)

 

特上煎茶白折100g入り-600円(税込み価格)

 

上白折200g入り-800円(税込み価格)

 

すべての茶葉で水出しできます。いろんな茶葉で愉しんでください。

簡単に水出し冷茶が作れます。

水出し煎茶を作るのに便利です。
ワインボトル型のフィルターインボトル。茶葉をこすためのフィルターがセットされているのでそのまま注げます。
カラー:ライムグリーン
製品サイズ:幅 87 × 奥行 84 × 高 300mm
実用容量: 750ml 
原産国:日本製

フィルターインボトル750㎖【田中茶舗オリジナル】-2200円(税込み)